香りの高い旬の野菜を毎日の食生活に取り入れて

健康のことを考えてビタミンが多く、香りの高い旬の野菜を毎日の食生活に取り入れています。

冬場の豚しゃぶしはほうれん草を合わせたり、春には、芽キャベツを温野菜で食べたりと。

玉ねぎは皮のまま、丸ごと5分蒸して、十字に切り込みを入れ一枚ずつはいで食べています。

ディップやドレッシングは市販のものを利用しているので、本当に手軽に楽しめます。

たまにはモロヘイヤをミキサーにかけてスープを作ったりもしますが、
手軽にできると野菜を取り入れる習慣が付きやすいような気がします。

そんな私が野菜にハマったきっかけは1年ほど前。

仕事で北海道に行った時にお世話になったコーディネーターさんが送ってきてくれた雪下キャベツ。

食べてみたら本当に美味しくてヤミツキに。

朝、家で大量に切って保存ケースに入れてランチの時も食べていましたね。

何もつけなくても甘みがあって美味しかったですね。

それからですね、あ~野菜ってこんなに美味しいんだ~って思ったのは。

今では野菜を食べない日があると、不安になるくらいなので、美味しい野菜を食べるっていう経験は大事ですね。

最近では手軽に野菜の栄養素を摂れる酵素ドリンクも利用していますよ。

 

冷蔵庫の中は野菜畑

ここ数年、体の軸を整えることを特に重視するようになりました。

ハーブミックスと葉物野菜が5種類ほどに、大好きなアスパラとブロッコリーとか、冷蔵庫の中はいつも野菜畑みたいです。

独身時代の夜の食事のメインはサラダで、鶏肉のエビやタコのマリネっぽいものを旨みとしてトッピングして食べていました。

友人には、「サラダを毎日食べても飽きないの?」と聞かれるのですが、数種類のお酢や調味料を自分流にミックスして変化を付けているから全然飽きないんですよね。

一番のおすすめは寿司酢で、甘みも塩分も入っているので、味がまろやかになります。

バルサミコにニンニクをすって入れたり、ごま油で傷めたシラスをトッピングしたりもします。

今は、子供が偏食しないように、ニンジンなど数種類の野菜を細かく刻んで炊き込みご飯に入れたり工夫をしています。

ちなみに、その炊き込みご飯をおにぎりにしてランチとして職場に持っていくことも。

忙しい朝は野菜の栄養素がギュッと詰まっている酵素ドリンクを飲んだりもしています。

 

野菜の煮物をまとめてストック

私は子供のころから母が作る和食で育ったので、今は休みの日に野菜の煮物をまとめて作ってストックしています。

1回の食事でいろんなものをちょっとずつ食べるのが好きで、食卓には豆皿にのった野菜料理がたくさん並びます。

毎朝スムージーを飲んでいますし、忙しくて時間がない時は酵素ドリンクを飲んでいます。

健康のことを考えて、どんな日でもできるだけ野菜を摂るようにしていますね。

一時期はポトフ作りにもハマっていました。

漢方スープ、ミネストローネなど、数種類のスープを飽きないように順番を変えて作っていました。

野菜が足りないと感じたらポトフを作っていましたね。

小腹を満たすのにもよかったです。

今では野菜が大好きな私も実は子供の頃、野菜嫌いだったんです。

母が作る料理は普通に食べれたんですけど、それ以外は苦手で。

でもある時、母と入った豚しゃぶ屋さんで有機栽培のレタスとトマトを食べた時に、すごく美味しく感じたんです。

それ以来、野菜に抵抗がなくなってきて、野菜嫌いを克服しました。

今は野菜中心の食生活なので、随分と変わりましたね。